教員メッセージ

こども教育学科 通信教育課程 教員メッセージ

すべての乳幼児が、健やかな成長を遂げるために
援助を惜しまない保育者を目指して

こども教育学科教授・学科長・通信教育課程主任 原田凉子
担当科目:
家族援助論・生活文化論


こども教育学科に平成21年度より通信教育課程を設置いたしました。
社会の変化および家族形態等の変化に伴い、親に替わって子育ての援助をしてくれる保育者が必要です。国では待機児童0を目指しています。子どもを子どもらしく育てるために、賢い保育者が必要です。また、これから子育てをする人にとっても、保育の勉強をすることにより子育ての不安が解消されることと思います。
今現在、幼稚園教諭または保育士の資格を持って働いている方も幼稚園教諭・保育士の資格取得の特例制度が実施されます。この機会に保育士・幼稚園教諭の勉強をしてみるのは、いかがでしょうか。詳しいことはお問い合わせ下さい。

子どもが大好きで、子どもの健やかな成長のための仕事をしたい方々のために働きながら資格の取得できる通信教育課程は、目的達成のための最適な手段です。受講生自身が、しっかりした時間管理と健康管理をしながら勉強をして欲しいと願っています。

本学の建学の精神 「礼儀・努力・誠実」を基に親切丁寧に資格取得達成のお手伝いをしたいと思います。
子どもが大好きということが基本ですが、その大好きな子ども達を健やかに成長させるためにはさまざまな勉強が必要です。保育者のプロを目指して真剣に取り組んでください。お待ちしています。


保育を学び、体験しよう!

こども教育学科教授・帝京めぐみ幼稚園園長 溝口綾子
担当科目:
幼児教育課程論・音楽実技


保育者には適性が必要です。それは、まず、“子どもが好きだ”という感覚です。 子どもに対する尊敬の気持ちがなければならないのです。また、無限の可能性を秘めた人生最初期の大事な時期の子どもにかかわるわけですから、いい加減な気持ちではできません。本課程で、3年間学ぶ中で、保育者の担う役割を理解し、高い専門性を身につけて欲しいと願っています。

本学では、付設の幼稚園があります。本課程で学ぶ保育理論や保育技術を、真に自分のものにするためには、実際に子どもの姿に触れたりかかわったりすることや、現場の保育者の実践を目にすることがとても有効なのです。幸にも、幼稚園は常にオープンに学生を受け入れていますから、時間のある時に積極的に利用するとよいでしょう。(月~金 9:00~14:00)

学生の“保育者になりたい”という自分の思いを実現させるために、一人ひとりが責任を持って学習に取り組んで欲しいと思います。


  • 資料のご請求