学科紹介

  • 資料請求
  • 電子版パンフレット
生活科学科
栄養士の資格取得をめざす 食物栄養専攻
栄養士コース
ファッション、アロマなど
興味分野を幅広く学ぶ 生活科学専攻
生活文化コース
養護教諭の資格取得をめざす 生活科学専攻
養護教諭コース
養護教諭の一種免許取得をめざす 専攻科 養護教諭専攻
こども教育学科
保育士の資格取得をめざす こども教育専攻
こども教育コース
+専攻科 こども教育学専攻
通信教育で保育士をめざす 通信教育課程
ライフケア学科
柔道整復師の資格取得をめざす 柔道整復専攻
柔道整復コース
(昼間部・夜間部)
臨床検査技師の資格取得をめざす 臨床検査専攻
臨床検査コース
臨床工学技士の資格取得をめざす 専攻科 臨床工学専攻

臨床検査専攻 臨床検査コース

臨床検査技師の資格取得をめざす

健康・診断・治療に関するデータ管理のスペシャリストへ
分析とデータ解析のスペシャリストを育成。医療の基礎から最先端医療の遺伝子検査まで、講義、学内実習、病院実習で医療人として地道に努力できる誠実な人間性を身につけた臨床検査技師をめざします。

めざす資格

  • ●臨床検査技師
  • ●臨床工学技士(専攻科)

学びのポイント!

point1
経験と実績を活かしたスペシャリスト教育
前身の帝京医学技術専門学校として開校し、約50年。豊富な経験と実績を活かし、基礎から最先端医療まで対応できるスペシャリストを育成します。幅広い知識と技術を身につけるため、帝京大学グループの講師陣を迎え、高度な授業を分かりやすく行っています。
point2
担任制で手厚く国家資格取得をサポート
臨床検査技師の資格取得に関しては、解剖学や生理学など多くの知識を身につける必要があります。本コースでは担任制を採用、一人ひとりの学習レベルに合わせたきめ細かな指導により、国家試験合格を強力にバックアップします。
point3
充実した実習設備で即戦力を身につける
心電図や脳波、超音波検査など、患者さんの身体に直接触れて検査する生理機能検査の手技を学ぶため、検査機器を豊富に揃えています。実習では検査手技やデータ解析をはじめ、検査説明や学生同士で患者接遇を体験し、患者心理の理解も深めます。
point4
基本から最新情報まで遺伝子検査の知識を学ぶ
日々進化を続ける臨床検査の現場では、遺伝子検査や染色体検査など最新分野における検査も身近になっています。「遺伝子とは何か」に始まり、基本的な遺伝子検査技術から最新トピックスまで遺伝子・染色体検査の知識を幅広く学びます。

カリキュラムのポイント!

さまざまな基礎科目を通じて、医療人としての人間性を養う。

前期は、化学系を重視した一般的な基礎科目を学びます。後期は専門科目を多く学び、2年次の学内実習に向け着実にレベルアップします。また、教養科目を学ぶことで、人に対する礼儀をはじめ豊かな人間性を養います。

基本的な技術の習得に向け、学内実習に励む。

3年次の臨地実習に向けて、週の半分ほどの時間を学内実習に当てています。少人数の班ごとに進める充実した内容で、講義で得た知識を実際の機器で確認し、実践における基本的な技術を身につけます。

臨地実習と国家試験対策で臨床検査技師に近づく。

3年次へ進級するとすぐに、病院での臨地実習に入ります。実際の業務内容や患者さんへの対応方法など、これまでに学んできた知識、技術を現場で体感します。後期は集中的に国家試験対策をし、合格をめざします。

先輩の声

臨床検査専攻 臨床検査コース

かつて自分が助けてもらったように、病気の人を支える力になりたい。
続きを読む>>


かつて自分が助けてもらったように、病気の人を支える力になりたい。
ライフケア学科 臨床検査専攻 臨床検査コース
K・S さん
新潟県
私立帝京長岡高等学校出身
Q 臨床検査技師になりたいと思ったきっかけは
幼い頃に病気で入院したことがきっかけで医療の仕事に就きたいと思いました。3、4歳の頃はほとんど入院していて、薬の影響で免疫力が低下していたため、他の子どもと遊ぶことを禁止されていました。その時、看護師さんが優しく接してくれたのが嬉しくて、自分もいつか、病気の人の力になれる仕事をしたいと思うようになりました。臨床検査技師という職業については、医療系の仕事を探している時にはじめて知りました。あまり知られてない職業かもしれませんが、検査結果が病気の診断や治療方針を決める重要な仕事であることを知り、チャレンジしてみたいと思うようになりました。
Q どんなことを学んでいますか
1年生の時は化学や生物学など基礎科目を中心とした講義が多いのですが、2 年生になると週に2 日は講義を受け、残り3日は学内実習になります。好きな実習は微生物学実習で、先生から与えられた検査材料を培養してどんな細菌が入っているのかを調べます。病気によって検出される細菌に特徴があるので、それを観察して病原菌を検討します。講義で学んだ知識をもとに、取り扱う細菌が何かを調べますが、培養結果が予測通りだととても嬉しいです。多種多様な臨床検査を学ぶので大変ですが、やり甲斐があり、充実した日々を過ごしています。
Q 学びのなかに気づきや成長はありましたか
入学した当初は気の緩みもありましたが、自分たちの検査結果が医師の治療判断を変えてしまうこともあると知ってからは、中途半端な気持ちでできる仕事ではないと意識が変わりました。授業で先生の話をよく聞いて、帰宅後は復習を欠かしません。そのくり返しが大切だと実感しています。かつて自分が助けてもらったように、病気の人を支える力になれるよう頑張ります。
K・S さん
先生の親身なサポートで、希望の仕事に就くことができました。
Y・I さん
東京都立小児総合医療センター 勤務
臨床検査コース 2015年卒業
卒業後まで就職先を決めずにいた私に、臨時職員を募集している病院があると、先生から連絡をいただきました。臨時職員として働きながら公務員試験に合格し、2 年目から東京都の臨床検査技師として正式採用されました。現在は細菌検査室の担当となり、主に患者さんから採取した検体を培養して、感染症の原因菌を調べています。判断に迷った時はひとりで悩まず、上司やドクター、ナースに患者さんの症状を確認し、アドバイスを受けるよう心がけ、チーム医療の一員として仕事に取り組んでいます。
Y・I さん