ライフケア学科 臨床検査専攻臨床検査コース(3年制)

カリキュラム、時間割

カリキュラム

年次 1年次(前期) 1年次(後期)
カリキュラムの
ポイント

さまざまな基礎科目を通じて、医療人としての人間性を養う。

前期は、化学系を重視した一般的な基礎科目を学びます。後期は専門科目を多く学び、2年次の学内実習に向け着実にレベルアップします。また、教養科目を学ぶことで、人に対する礼儀をはじめ豊かな人間性を養います。

基礎教育科目 生命倫理学
生物学
化学A
物理学
理系基礎
パーソナルコミュニケーション
医用英語
臨床心理学
化学B
英語コミュニケーション
専門教育科目 医学概論
情報科学
ボランティア概論
公衆衛生学
解剖学
解剖生理学
生化学A
微生物学
医療統計学
看護学概論
検査分析機器総論
医動物学
医用工学概論
情報科学・医用工学概論実習
ボランティア概論
栄養生理学
循環機能検査学
生化学B
生化学実習
臨床微生物学I
組織学
病理学A
救急処置
臨床医学総論
医療安全管理学
臨床検査総論I
医動物学実習
学外実習を含む
基礎教育科目
専門教育科目
キャリアデザインI(病院見学)半日
解剖学実習 半日
年次 2年次(前期) 2年次(後期)
カリキュラムの
ポイント

基本的な技術の習得に向け、学内実習に励む。

3年次の臨地実習に向けて、週の半分ほどの時間を学内実習に充てています。少人数の班ごとに進める充実した内容で、講義で得た知識を実際の機器で確認し、実践における基本的な技術を身につけます。

基礎教育科目 チーム医療論
専門教育科目 呼吸器・感覚機能検査学
神経・筋機能検査学
生理機能検査学I実習
臨床微生物学II
微生物学実習
病理学B
病理組織細胞学
病理組織細胞学実習I
臨床検査医学総論I
臨床検査総論II
臨床検査総論実習I
臨床検査総論実習II
臨床化学I
臨床化学実習I
臨床血液学I
臨床血液学実習I
免疫学IA
免疫学実習A
画像検査学
生理機能検査学II実習
生理機能検査学III実習
臨床微生物学実習
病理組織細胞学実習II
検査安全管理学総論
臨床検査医学総論II
臨床化学II
臨床化学実習II
臨床血液学II
臨床血液学実習II
染色体遺伝子検査学
染色体遺伝子検査学実習
免疫学IB
免疫学II
免疫学実習B
年次 3年次(前期) 3年次(後期)
カリキュラムの
ポイント

臨地実習と国家試験対策で臨床検査技師に近づく。

3年次へ進級するとすぐに、病院での臨地実習に入ります。実際の業務内容や患者さんへの対応方法など、これまでに学んできた知識、技術を現場で体感します。後期は集中的に国家試験対策をし、合格をめざします。

基礎教育科目 キャリアデザインII
保健体育
専門教育科目 関係法規
薬理学
医療情報学概論
R I 検査技術
課題研究
総合演習I
総合演習II
課題研究
学外実習を含む
基礎教育科目
専門教育科目
臨地実習(病院)3ヶ月(4月~7月)

※科目は2018年度のものであり、変更する場合があります。

時間割モデル(1年次 前期)

19:00〜9:45
29:50〜10:35
情報科学 生化学A ボランティア概論/検査分析機器総論 医動物学
310:40~11:25
411:30~12:15
パーソナル
コミュニケーション
生命倫理学 解剖学 微生物学 解剖生理学
513:00~13:45
613:50~14:35
医学概論/
ボランティア概論
医用英語 医療統計学 物理学 化学A
714:40~15:25
815:30~16:15
理系基礎 看護学概論 生物学 公衆衛生学
916:20~17:05
1017:10~17:55

※2018年度の履修科目例です。

卒業に必要な単位数

基礎教育科目 (必修)14単位
専門教育科目 (必修)85単位
卒業要件単位数 99単位

※2018年度の単位数です。
※ライフケア学科臨床検査専攻臨床検査コースに在学し、所定の課程を修了した者は「臨床検査技師国家試験受験資格」を得ること ができます。