ライフケア学科 柔道整復専攻・柔道整復専攻(二部)柔道整復コース(昼間部・夜間部)(3年制)

カリキュラム、時間割

カリキュラム

年次 1年次(前期) 1年次(後期)
カリキュラムの
ポイント

柔道整復師に必要なあらゆる基礎知識を学ぶ。

基礎医学となる解剖学や生理学などで、身体の仕組みを学びます。また2年次以降の学習にそなえ、柔道整復の基礎知識や包帯・テーピングの基礎を学びます。臨床実習では医療人としての心構えを学びます。

基礎教育科目 臨床心理学A
コンピュータ演習I
医用英語
臨床心理学B
パーソナルコミュニケーション
コンピュータ演習II
専門教育科目 職業倫理
柔道I
解剖学IA
生理学IA
健康行動整復学I
健康行動整復学IIA
健康行動整復学III
健康行動整復学IVA
健康行動整復技術I
スポーツテーピングセラピー
人間の疾病の歴史
保健衛生と関係法規
柔道II
解剖学IB
生理学IB
健康行動整復学IIB
健康行動整復学IVB
健康行動整復技術II
健康行動整復技術III
学外実習を含む
専門教育科目
臨床実習I(昼)接骨院45時間(9月~1月)
臨床実習I(夜)接骨院45時間(3月)
年次 2年次(前期) 2年次(後期)
カリキュラムの
ポイント

実習を通じて現場での対応力を身につける。

1年次に引き続き附属の接骨院で臨床実習を行います。少人数に分かれて行うので、密度の濃い指導を受けることができます。授業は1年次の内容をふまえ、より専門性の高いものが増えていきます。

基礎教育科目 生命倫理学
臨床栄養学
専門教育科目 衛生学
解剖学IIA
生理学IIA
健康行動臨床整復学I
健康行動臨床整復学II
健康行動臨床整復学IVA
健康行動臨床整復学V
健康行動臨床整復学VI
健康行動臨床整復学VII
健康行動整復技術IVA
健康行動整復技術VA
健康行動整復技術研究
解剖学IIB
生理学IIB
整形外科学I
外科学概論I
臨床医学I
健康行動臨床整復学III
健康行動臨床整復学IVB
柔道整復術適応の臨床的判定
健康行動整復技術IVB
健康行動整復技術VB
健康行動臨床実技I
学外実習を含む
専門教育科目
臨床実習II(昼)接骨院45時間(4月~8月)
臨床実習II(夜)接骨院45時間(3月)
臨床実習III(昼)接骨院45時間(9月~1月)
人体解剖実習見学(昼・夜) 帝京大学医学部解剖学教室1日(1月~2月)
年次 3年次(前期) 3年次(後期)
カリキュラムの
ポイント

的確な診断力、治療技術を習得し即戦力となる。

国家試験合格に向けた対策が本格的にスタートします。また、的確な診断力と治療技術をもった、実践力のある柔道整復師の育成をめざして、実技能力審査OSCE(オスキー)を実施します。

専門教育科目 公衆衛生学
解剖学IIIA
リハビリテーション医学
生活行動運動学
病理学概論A
整形外科学II
外科学概論II
臨床医学II
健康行動整復技術VI
健康行動整復技術VII
健康行動臨床実技II
健康行動臨床実技III
健康行動臨床実技IV
健康行動臨床実技V
健康行動臨床実技VI
総合演習I
解剖学IIIB
生理学III
高齢者及び競技者の生理学的特徴・変化
病理学概論B
健康行動臨床整復学VIII
健康行動臨床整復学IX
健康行動臨床整復学X
健康行動臨床整復学XI
高齢者及び競技者の外傷予防技術
柔道整復術の適応
社会保障制度
総合演習I
総合演習II
特別総合演習
学外実習を含む
専門教育科目
臨床実習III(夜)接骨院45時間(4月~8月)
臨床実習IV(昼)接骨院45時間(4月~8月)
臨床実習IV(夜)接骨院45時間(4月~8月)

※科目は2018年度のものであり、変更する場合があります。

時間割モデル(1年次 前期:昼間部 夜間部)

19:00〜9:45
29:50〜10:35
310:40~11:25
411:30~12:15
解剖学IA 臨床心理学A 職業倫理
513:00~13:45
613:50~14:35
スポーツ
テーピング
セラピー
健康行動
整復技術I
健康行動
整復学I
コンピュータ
演習I
714:40~15:25
815:30~16:15
生理学IA 柔道I 健康行動
整復学III
健康行動
整復学IIA
医用英語
916:20~17:05
1017:10~17:55
スポーツ
テーピング
セラピー
コンピュータ
演習I
健康行動
整復学IVA
医用英語
1118:00~18:45
1218:50~19:35
解剖学IA 職業倫理 健康行動
整復学I
健康行動
整復学III
健康行動
整復技術I
1319:40~20:25
1420:30~21:15
柔道I 臨床心理学A 健康行動
整復学IIA
生理学IA 健康行動
整復学IVA

※2018年度の履修科目例です。

卒業に必要な単位数

基礎教育科目 (必修)14 単位
専門教育科目 (必修)86単位
卒業要件単位数 100単位

※2018年度の単位数です。
※ライフケア学科柔道整復専攻柔道整復コースに在学し、所定の課程を修了した者は「柔道整復師国家試験受験資格」を得ることができます。