入学・入試案内

  • 資料請求
  • 電子版パンフレット

入試情報(本科)

平成29年度入試(予定)
※入学試験要項2017でご確認ください。(7月下旬完成予定)

【募集人員】

学科・専攻・コース 修業
年限
入学
定員
試験区分
AO
(※1)
推薦
(※2)
一般
(※3)
センター
利用
(※4)
社会人













生活科学科 食物栄養専攻
(栄養士コース)
2年 100 30 30 30 10 若干名
生活科学専攻(※5)
(生活文化コース/養護教諭コース)
2年 70 21 21 21 7 若干名
こども教育学科 こども教育専攻
(こども教育コース)
2年(※6) 50 15 15 15 5 若干名
ライフケア学科 柔道整復専攻
(柔道整復コース[昼間部])
3年 60 18 18 18 6 若干名
柔道整復専攻(二部)
(柔道整復コース[夜間部])
3年 30 9 9 9 3 若干名
臨床検査専攻
(臨床検査コース)
3年 80 24 24 24 8 若干名

●各試験区分の募集人員は手続者数の目処とします。
※1. AO入試の募集人員は、I期〜III期募集を合わせた数です。
※2. 推薦入試の募集人員は、I期(公募制・指定校制)・II期(公募制・指定校制)募集を合わせた数です。
※3. 一般入試の募集人員は、I期~IV期募集を合わせた数です。
※4. 大学入試センター試験利用入試の募集人員は、前期・後期募集を合わせた数です。
※5. コースは、入学後に選択します。
※6. 専攻科(1年制)に進学した場合、計3年の修業年限となります。
(注)AO入試I期・一般入試I期では本学が定める基準点以上の成績の者を奨学特待生とします。

【平成29年度入試情報(予定)】

AO入試

帝京短期大学および出願する学科・専攻のアドミッション・ポリシーに沿った多様な能力および資質を有する者を選抜するため、本学独自の入試方法にて行います。

 
募集対象者

本学への入学と勉学に強い意欲を持っている者。

日程

区分 出願期間(締切日必着) 選考試験日 合格発表日 入学手続締切日 試験場
Ⅰ 期 平成28年8月16日(火)~8月24日(水) 8月28日(日) 8月30日(火) 9月5日(月) 幡ヶ谷 (本学)
Ⅱ 期 平成28年9月12日(月)~9月20日(火) 9月25日(日) 9月27日(火) 10月3日(月)
Ⅲ 期 平成28年10月4日(火)~10月19日(水) 10月22日(土) 10月24日(月) 10月28日(金)
選考方法

①面接 時間:10分程度

形式:受験者1名に対し、教員1名

②志望理由書(200字程度)

③調査書等(平成28年4月1日以降に発行されたもの)
3つの面から多面的・総合的に評価します。優遇資格を有する者は、合否判定の際に上記①〜③に加えて考慮します。
・出願基準としての評定平均値は設けていません。
・本学の推薦入試(指定校制)を除くすべての入学試験、および他大学との併願が可能です。

AO入試において設けている制度

・奨学特待生制度(Ⅰ期のみ)

 本学が定める基準点以上の成績の者を奨学特待生(Aコース・Bコース・Cコース)とします。なお、奨学特待生のAコース・Bコースはそれぞれ10名以内(注)、Cコースは20名以内(注)とします。奨学特待生として入学を認められた者には、以下の特典が与えられます。

Aコース:入学金半額・1年次授業料全額免除

2年次・3年次・専攻科こども教育学専攻も前年度の成績が各専攻の上位5%以内であれば、

引き続き奨学特待生として授業料が全額免除されます。

ただし、それ以外は奨学特待生の資格が失われます。

Bコース:入学金半額・1年次授業料半額免除

2年次・3年次・専攻科こども教育学専攻も前年度の成績が各専攻の上位5%以内であれば、

引き続き奨学特待生として授業料が半額免除されます。

ただし、それ以外は奨学特待生の資格が失われます。

Cコース:1年次の授業料を20万円減免

1年次限りで奨学特待生としての資格が失われます。

(注)人数はAO入試Ⅰ期と一般入試Ⅰ期を合わせた数です。

推薦入試(公募制・指定校制)

公募制

募集対象者

以下のどちらかに該当する者。

◆学校長推薦

大学教育を修めるのに十分であると出身高等学校長の推薦を受けた者。

 

◆自己推薦

自己の長所をアピールできる者。

日程

区分 出願期間(締切日必着) 選考試験日 合格発表日 入学手続締切日 試験場
Ⅰ 期 平成28年11月1日(火)~11月8日(火) 11月13日(日) 11月16日(水) 11月22日(火) 幡ヶ谷 (本学)
Ⅱ 期 平成28年11月22日(火)~11月30日(水) 12月3日(土) 12月5日(月) 12月9日(金)
選考方法

①作文(400字〜600字)

②面接 時間:10分程度

形式:受験者1名に対し、教員1名

③書類審査
3つの面から総合的に合否を判定します。優遇資格を有する者は、合否判定の際に考慮します。
・面接を欠席した場合、試験結果がすべて無効となります。
・出願基準としての評定平均値は設けていません。
・本学の推薦入試(指定校制)を除くすべての入学試験、および他大学との併願が可能です。

 

指定校制

過去の志願者・合格者実績などを考慮し、推薦を依頼する高等学校(指定校)を決定します。
指定校の有無および選考方法等については、各高等学校にお問い合わせください。

日程

区分 出願期間(締切日必着) 選考試験日 合格発表日 入学手続締切日 試験場
Ⅰ 期 平成28年11月1日(火)~11月8日(火) 11月13日(日) 11月16日(水) 11月22日(火) 幡ヶ谷 (本学)
Ⅱ 期 平成28年11月22日(火)~11月30日(水) 12月3日(土) 12月5日(月) 12月9日(金)
 

一般入試

日程

区分 出願期間(締切日必着) 選考試験日 合格発表日 入学手続締切日 試験場
Ⅰ 期 平成29年1月4日(水)~1月18日(水) 1月21日(土) 1月23日(月) 1月27日(金) 幡ヶ谷 (本学)
Ⅱ 期 平成29年2月1日(水)~2月14日(火) 2月22日(水) 2月28日(火) 3月6日(月)
Ⅲ 期 平成29年2月16日(木)~3月1日(水) 3月7日(火) 3月10日(金) 3月15日(水)
Ⅳ 期 平成29年2月27日(月)~3月14日(火) 3月17日(金) 3月18日(土) 3月24日(金)
選考方法

①学科試験

②面接 時間:4分程度

形式:受験者1名に対し、教員1名

③書類審査
学科試験を重視し、3つの面から総合的に合否を判定します。優遇資格を有する者は、合否判定の際に考慮します。
・面接を欠席した場合は、試験結果がすべて無効となります。

 

●一般入試において設けている制度

・第二志望制度
第一志望以外の学科・専攻・コースを第二志望として選択することができます。

一般入試において設けている制度

・奨学特待生制度(Ⅰ期のみ)

 本学が定める基準点以上の成績の者を奨学特待生(Aコース・Bコース・Cコース)とします。なお、奨学特待生のAコース・Bコースはそれぞれ10名以内(注)、Cコースは20名以内(注)とします。奨学特待生として入学を認められた者には、以下の特典が与えられます。

Aコース:入学金半額・1年次授業料全額免除

2年次・3年次・専攻科こども教育学専攻も前年度の成績が各専攻の上位5%以内であれば、

引き続き奨学特待生として授業料が全額免除されます。

ただし、それ以外は奨学特待生の資格が失われます。

Bコース:入学金半額・1年次授業料半額免除

2年次・3年次・専攻科こども教育学専攻も前年度の成績が各専攻の上位5%以内であれば、

引き続き奨学特待生として授業料が半額免除されます。

ただし、それ以外は奨学特待生の資格が失われます。

Cコース:1年次の授業料を20万円減免

1年次限りで奨学特待生としての資格が失われます。

(注)人数はAO入試Ⅰ期と一般入試Ⅰ期を合わせた数です。

※奨学特待生として認められた者で、すでに本学の入学手続きを完了している者については、所定の手続き後に差額を返還します。

年内入試にて(指定校制除く)
奨学特待生でない者

一般入試Ⅰ期にて
奨学特待生Aコース
奨学特待生Bコース
奨学特待生Cコース
AOⅠ期入試にて
奨学特待生Bコース

一般入試Ⅰ期にて
奨学特待生Aコース
AOⅠ期入試にて
奨学特待生Cコース

一般入試Ⅰ期にて
奨学特待生Aコース
奨学特待生Bコース

学科試験

科目 出願範囲 問題選択 科目選択
国語 国語総合(古文・漢文を除く) 4問題中1問題必須・2問題を選択 6科目から 1科目選択 (※1)
英語 コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語II 4問題中1問題必須・2問題を選択
数学 数学Ⅰ、数学A 5問題中4問題を選択
化学 化学基礎 4問題中1問題必須・2問題を選択
生物 生物基礎 4問題中1問題必須・2問題を選択
小論文 400字~600字

(※1)一般Ⅳ期の学科試験は小論文のみとします。

社会人入試

募集対象者

平成29年4月1日の時点で満21歳以上の社会人で、本学での勉学を強く希望する者を対象とします。

日程

区分 出願期間(締切日必着) 選考試験日 合格発表日 入学手続締切日 試験場
Ⅰ 期 平成28年11月1日(火)~11月8日(火) 11月13日(日) 11月16日(水) 11月22日(火) 幡ヶ谷
(本学)
Ⅱ 期 平成29年1月4日(水)~1月18日(水) 1月21日(土) 1月23日(月) 1月27日(金)
選考方法

①小論文(400字〜600字)

②面接 時間:10分程度

形式:受験者1名に対し、教員1名

③書類審査
3つの面から総合的に合否を判定します。
・面接を欠席した場合は、試験結果がすべて無効となります。

大学入試センター試験利用入試

日程

区分 出願期間(締切日必着) 選考試験日 合格発表日 入学手続締切日
前 期 平成29年1月4日(水)~1月13日(金) 大学入試
センター試験
2月8日(水) (一次締切)2月14日(火)(二次締切)2月23日(木)
後 期 平成29年2月16日(木)~3月1日(水) 3月10日(金) 3月15日(水)
選考方法

大学入試センター試験(平成29年度もしくは平成28年度)において、本学が指定する教科・科目の成績により、高得点1科目で合否を判定します。本学での個別学力検査は行いません。

 

※平成29年度と平成28年度の大学入試センター試験を受験した者で、両年度の成績請求票を提出した場合は、高得点の年度の成績を合否判定に採用します。

指定科目

教科 科目 選択 配点
国語 「国語」(近代以降の文章) 1科目選択
(※1)
各科目100点
(※2)
地理歴史 「世界史A」、「世界史B」、「日本史A」、「日本史B」、「地理A」、「地理B」
公民 「現代社会」、「倫理」、「政治・経済」、「倫理、政治・経済」
数学 「数学Ⅰ」、「数学Ⅰ・数学A」、「数学Ⅱ」、「数学Ⅱ・数学B」、「簿記・会計」、「情報関係基礎」
理科 「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」、「物理」、「化学」、「生物」、「地学」
外国語 「英語」、「ドイツ語」、「フランス語」、「中国語」、「韓国語」

※1.2科目以上受験した場合は、高得点の科目を合否判定に採用します。基礎を付した科目については、2科目で1科目選択とします。

※2.「外国語」は、筆記試験(200点満点)を100点満点に圧縮し、採用します。なお、「英語」は、筆記試験(200点満点)を100点満点に圧縮した点と、筆記試験にリスニングテスト(50点満点)を加えた点(250点満点)を100点満点に圧縮した点の2通りを算出し、高得点を採用します。

 

●大学入試センター試験利用入試において設けている制度

・入学手続時納入金分納制度(前期のみ)
前期の合格者は、一次締切日までに入学金を納入し、残額は二次締切日までに納めることもでます。
ただし、一次締切日までに入学金を納入しない場合、または二次締切日までに残額を納入しない場合は、入学の意思がないものとみなし、入学許可を取り消します。