学科紹介

  • 資料請求
  • 電子版パンフレット
生活科学科
栄養士の資格取得をめざす 食物栄養専攻
栄養士コース
ファッション、アロマなど
興味分野を幅広く学ぶ 生活科学専攻
生活文化コース
養護教諭の資格取得をめざす 生活科学専攻
養護教諭コース
養護教諭の一種免許取得をめざす 専攻科 養護教諭専攻
こども教育学科
保育士の資格取得をめざす こども教育専攻
こども教育コース
+専攻科 こども教育学専攻
通信教育で保育士をめざす 通信教育課程
ライフケア学科
柔道整復師の資格取得をめざす 柔道整復専攻
柔道整復コース
(昼間部・夜間部)
臨床検査技師の資格取得をめざす 臨床検査専攻
臨床検査コース
臨床工学技士の資格取得をめざす 専攻科 臨床工学専攻

専攻科 臨床工学専攻

専攻科 臨床工学専攻/臨床工学士の資格取得をめざす

医療の安全と信頼を高める医療機器のエキスパートへ
医療機器の取り扱いと保守点検のスペシャリストを育成
「専攻科 臨床工学専攻」では、学内実習、病院実習で即戦力にふさわしい実力を身につけた、臨床工学技士をめざします。(専攻科 臨床工学専攻の受験は、大学、短期大学、専門学校において厚生労働大臣の指定する科目を修得した方に限ります。)

めざす資格

  • ●臨床工学技士
  • ●第2種ME技術者

学びのポイント!

point1
同一校で学ぶため資格の取得がスムーズ
短大で臨床検査技師と臨床工学技士の国家試験受験資格が取得できるのは関東で唯一、帝京短期大学だけ。ムリなくムダなく、国家資格の取得がめざせます。
point2
最新の医療設備を整え、現場で役立つ高水準の教育カリキュラムを実現
学内実習には、最新の医療機器を積極的に取り入れています。現場主義による実践教育をめざし、そのための充実した教育環境を提供します。
point3
チームに貢献することができる人間力豊かな人材を育成
医療現場においてチーム医療の一翼を担うことを意識した教育を行います。高度な探究心を持ち、自由かつ自分の責任を理解できる技士を育てます。

TOPIC

topic1
1年間の履修で新たな資格が狙えます
医師や看護師など医療技術者が安全に医療機器を使用できるようにするための保守点検。人工心肺装置・人工呼吸器・人工透析装置など、生命維持管理装置の操作を行うのが、臨床工学技士の仕事です。1年間の履修で臨床工学技士国家試験受験資格を得ることができます。
専攻科 臨床工学専攻を受験希望の皆様へ

専攻科 臨床工学専攻を受験希望の方は、出願に先立ち在学年数や厚生労働大臣の指定する履修科目を満たしているかの事前審査が必要です。下記住所まで成績証明書を送付してください。認定者にのみ入学試験案内、願書を送付いたします。高校生の受験はできませんが、臨床検査コース(3年制)卒業後の進学は可能です。詳しくは下記窓口または社団法人日本臨床工学技士会ホームページにてご確認ください。

  • 募集定員:40名
  • 問い合わせ先
    〒151-0071 東京都渋谷区本町6-31-1 帝京短期大学 専攻科 臨床工学専攻
    TEL:03-3377-4819

主な専門教育科目(平成27年度)

資格取得に向け、密度の濃い学びを短期間で実現する。

講義と実習で幅広い知識と技術を習得します。前期には実習前プレ講義を行い、基本的な身だしなみ、学ぶ姿勢や態度、病院でよく使用される用語などを身につけます。夏期の臨床実習では、実際の医療現場における臨床工学技士の役割について学びます。後期には、臨床実習で得た知識も活かしながら学習し、国家試験対策演習を経て資格取得をめざします。同時に修了研究も進めます。

専門教育科目
  • 人体の構造と機能I
  • 人体の構造と機能II
  • 基礎医学実習
  • 臨床薬理学
  • 臨床免疫学
  • 臨床検査学概論
  • 公衆衛生学
  • 医学概論
  • 看護学概論
  • 応用数学概論
  • 電気電子工学I
  • 電気電子工学II
  • 材料物性工学概論I
  • 材料物性工学概論II
  • 機械工学概論
  • 計測工学概論
  • 電気電子工学実習
  • 情報処理工学概論
  • 情報システム工学総合演習
  • システム工学概論
  • 情報システム実習
  • 医用工学概論
  • 生体計測工学総論I
  • 生体計測工学総論II
  • 生体計測工学実習
  • 医用機器学概論I
  • 医用機器学総合演習
  • 医用治療機器学総論I
  • 医用治療機器学総論II
  • 医用治療機器学実習
  • 生体機能代行技術学I
  • 生体機能代行技術学II
  • 生体機能代行技術学III
  • 生体機能代行技術学IV
  • 生体機能代行技術学V
  • 生体機能代行技術学実習
  • 医用安全管理学総論I
  • 医用安全管理学総論II
  • 医用安全管理学実習
  • 関係法規
  • 臨床医学総論I
  • 臨床医学総論II
  • 臨床医学総論III
  • 臨床実習

在学生の声

専攻科 臨床工学専攻

患者さんの気持ちを第一に考えられる臨床工学技士になりたい
臨床工学技士の資格を目指すと同時に学位を取得できるという… 続きを読む>>


専攻科 臨床工学専攻

刺激しあえるクラスメートと共に医療機器のエキスパートをめざす
別の短大で臨床検査について学んでいた時、実習先の病院で臨床工学… 続きを読む>>


患者さんの気持ちを第一に考えられる臨床工学技士になりたい
専攻科 臨床工学専攻
M・K さん
長野県飯田高等学校
臨床工学技士の資格を目指すと同時に学位を取得できるという点から、帝京科学大学への進学を決めました。4年次の帝京短期大学専攻科臨床工学専攻での1年間の勉強は、とても大変ですが、それまでの3年間で少しでも知識を身に着けてから学べるのがとても良い点です。
臨床工学技士は、医療系の勉強はもちろん、工学系の勉強もできなくてはなりません。そのため、授業も医療中心の内容、工学中心の内容、そして、医療と工学が融合された内容の授業があります。覚えることが多く授業内容も高度なので、かなりの努力をしないと日々の授業についていくのが大変です。
医療系の授業では、自分の知らない専門的な知識を得ることができるので楽しいです。実際に医療機器に触れることのできる実習の授業では、どのように使用するのか、どのような危険があるかなど、様々なことを体験しながら学ぶことができるので面白いです。
将来は、授業で教えていただいた知識と臨床実習で経験させていただいたことを充分に活かして日々成長し、患者さんの気持ちを第一に考えられる臨床工学技士になりたいです。
やらなくてはならない事や覚えなくてはならない事がとても多く大変ですが、充実した毎日を送れます。国家試験に向けての学習面での指導はもちろん、卒業後の就職に対する指導も先生からしていただけるので心強いです。
嶋口 理愛さん
刺激しあえるクラスメートと共に医療機器のエキスパートをめざす
専攻科 臨床工学専攻
R・S さん
私立岐阜東高等学校出身
別の短大で臨床検査について学んでいた時、実習先の病院で臨床工学の業務を見学できる機会がありました。医療機器を扱うプロとしての技術を駆使しながら、患者さんと優しく対話している姿を見て、臨床工学技士の資格に挑戦してみようと決意。その目標を叶えるために、一年で受験資格が得られる帝京短期大学を選んだんです。オープンキャンパスで感じたアットホームな雰囲気が決め手になりました。
帝京短期大学の魅力は、学生同士の仲が良いところ。みんなが同じ夢に向かっているので、たがいに刺激しあいながら頑張ることができるんです。
勉強する時、楽しむ時。そのメリハリをしっかりつけられるようになり、以前より時間の使い方が上手になった気がしています。
嶋口 理愛さん
データだけでなく、話し方や表情から、患者さんの変化に気づけるようにしています
臨床工学技士として医療の現場で活躍
専攻科 臨床工学専攻 2009年修了
M・T さん
就職先:聖隷佐倉市民病院
臨床工学技士の魅力は、患者さんと直接関われるところ。
医療機器の操作というイメージがあるかもしれませんが、それだけではありません。
現在は、肝不全の患者さんの血液浄化や治療の準備を担当。お話をする時は、声のトーンや表情など変化にも気づけるようにしています。
患者さんの毎日の様子が分かり、お役に立てていると実感できるのが大きな喜びです。
富沢 美香さん
疑問や悩みにぶつかった時は、今でも板書したノートを読み返します
臨床工学技士として医療の現場で活躍
専攻科 臨床工学専攻 2009年修了
Y・A さん
就職先:聖隷佐倉市民病院
汚れた血液を一度体外に出し、きれいにしてから体内に戻す、血液透析業務を主に行っています。
1年目の時は、分からないことが多くありましたが、先輩方に助けてもらいながら、少しずつ仕事を覚えていきました。
また、在学中に板書したノートや授業で学んだことも疑問や悩みの解決に役立っています。
現場にでて、これまで以上に、帝京短期大学の先生方のすごさを実感しています。
丸山 結衣さん
チームワークで活かす、専門技術の可能性を追求しています
臨床工学技士として医療の現場で活躍
専攻科 臨床工学専攻 2006年修了
※前身の帝京医学技術専門学校修了
M・F さん
就職先:東京都保健医療公社 大久保病院
臨床工学技士は、幅広い医療機器の操作と保守点検を行います。どんな仕事でも同じことが言えるかもしれませんが、技士単独では成り立たない、チームワークが大切な仕事です。患者さんにはより良い治療の選択がしてもらえるように。医師や看護師に対しては、臨床工学技士のあなたがいれば安心、と思ってもらえるように。知識と経験の幅を広げていくことが、現在の目標です。
誰もが、国家資格取得という同じ夢に向かって頑張っているので、クラス全員の結束力が強かったですね。図書館や校内で一緒に勉強して、得意・不得意を補い合いながら、ツライ試験も笑って乗り越えられたことは、良い思い出、良い経験です。
深谷 真保さん