専攻科養護教諭専攻(2年制)

専攻科の概要

専門性と実践力に富んだ、質の高い養護教諭をめざす

養護教諭二種免許状を取得した方を対象に、さらに高い専門性と実践力を身につけた質の高い養護教諭を養成。専攻科ならではのハイレベルな実習・演習・研究などを行い、養護教諭一種免許状および学士(教育学)の取得 をめざします。

専門性を高め、社会に貢献できる養護教諭をめざしてください。

専攻科では、高い資質と豊かな人間性を兼ね備え、社会に貢献できる人材を育てたいと考えています。養護教諭には、適切な対応をするために、さまざまな人と連携・協力する力が求められます。進学後は多くの実習を通じてより専門的な知識や技術を身につけることに加え、与えられたことをこなすだけでなく、問題意識をもって自ら学んでいく姿勢が大切です。入学前から幅広い視野と知識、教養を身につけ、強い意志をもって 意欲的に学んでいってください。

森田 裕子 先生

  • 高い専門性を身につけ
    養護教諭一種免許状を取得

    現場経験豊富な教員の指導により、養護教諭として高い専門性と実践力を身につけます。2年間の学びで「学士」を取得し、養護教諭一種免許状の取得をめざします。一種免許状を取得することで、より着実に養護教諭への道がひらけます。

  • 4年制大学卒業と同じ
    学位の取得が可能

    国の認定機関による審査で4年制大学卒業と同じ「学士(教育学)」の学位が取得できます。「学士」を取得するために必要な修了研究に1年次から取り組み、教員の専門的なアドバイスのもと、充実した研究活動を進めます。

  • 少人数クラスの担任制で
    教員採用試験をサポート

    教員採用試験は2年間で2回、挑戦可能。15名の少人数クラスで担任制によるきめ細かな支援体制でバックアップします。また、グループディスカッションの授業では、考える習慣を身につけ、面接に臆しない自信と伝える力を養います。試験対策講座も充実しています。

  • 演習や実習など
    幅広く体系的なカリキュラム

    適切な対応力から現場での連携のあり方まで、養護教諭としての資質や能力を養うために実践的に学びます。帝京大学グループの病院による臨床実習や、約2週間の中学・高校での教育実習などさまざまな実習を通じて、養護教諭としての実践力を身につけます。

アドミッションポリシー

「礼儀、努力、誠実」という本学の建学の精神のもとに、高い専門性と実践力のある養護教諭を養成します。現代社会における子どもたちの心身の健康づくりは社会的な課題でもあり、その中核となる養護教諭に対する学校や社会の期待は高まっています。社会人としての自立した人格を基礎に、学校保健の専門家として子どもたちの健康課題を的確につかみ、その課題解決のために実践的に仕事ができる力をつけることを目指します。子どもたちにしっかり向き合える養護教諭として意欲的に学ぶ学生を求めています。

出願資格

養護教諭二種免許状を取得した方または取得見込で、条件を満たした方のみ受験することができます。
詳細情報および入学試験案内をご希望の方は下記までご連絡ください。
※高校生の受験はできませんが、養護教諭コース(2年制)卒業後の進学は可能です。

<お問い合わせ先>
住所:〒151-0071 東京都渋谷区本町6-31-1 帝京短期大学 入試広報課
TEL:03-3379-9708
募集定員:15名