こども教育学科 通信教育課程
1年次カリキュラム概要

生活とモラル

明治に開国して以来、私たちは西欧の生き方の中で自分たちの生き方を模索し続けています。しかし明治以来取り込み続けている西欧の諸制度や文化、文明はもはや簡単には取り外すこともできなくなっています。そこで先ず欧米の生き方について理解し、次いで日本の生き方を整理します。そこに見えてくる両者の生き方の違いを踏まえて、自分たちが生きやすいところを見つけることが大切です。
国際化やグローバル化ということは異文化の中で自分の生き方を理解してもらうところにあります。自分の生き方を否定して、異文化の生き方で生きるということではありません。自分たちの生き方を研究しましょう。

文章表現法

日本語力をつけることは、ことばへの新鮮な感動から始まる。ことばに深まることは、心や情緒や人間性を豊かにすることである。特に大学での学習のコツを身につけ、社会で巧みにレポートや手紙等を駆使したいものである。そのスキルを磨くことが本科目の目的である。レポート課題においてはスキルをどこまで発揮しているかが評価の対象となる。

生活文化論

生活文化は、人間の生きていくためのさまざまな活動を通して生活全体の中から生み出されたものである。衣食住のみならずあらゆる生活のなかで生活様式として定着してきたものを生活文化と捉える。生活文化として伝承され今日にいたるまでは、自国だけではなく諸外国のあらゆるものの影響を受け生活様式も、ものの捉えかたも変わる。その全てを生活文化としてとらえる。

日本国憲法

国家として存在する以上、どの国家も必ず国家の基本法として憲法を持っている。憲法は国家の最高法規であり、国民の基本的人権を保障する規定と国家の統治のあり方に関する規定を中心に構成されている。本科目では、憲法とは何かという問題から始まり、日本国憲法の基本原理と国家の統治機構の仕組みについて学ぶ。

情報基礎演習Ⅰ

コンピュータを使いこなすための基本的な知識の習得及びこども教育の現場で使用される具体的な事例をもとに、様々なアプリケーションソフトの特性を生かし、目的とすることを達成するための有効な使い方を習得する。実際の教材や成績評価基準等は受講者のレベルに合わせ検討する。

情報基礎演習Ⅱ

情報基礎演習Ⅰの受講により習得できた基本的な知識および情報処理技能をもとにさらに発展させた内容を行う。こども教育の現場で使用される具体的な事例を中心に、様々なアプリケーションソフトの特性を生かし、目的とすることを達成するための応用的な使い方を習得する。実際の教材や成績評価基準等は受講者のレベルに合わせ検討する。

英語

どの言語を学ぶにも、主な目的は様々な状況でコミュニケーションできるようになることである。このコースの目標もコミュニケーションのスキルを発揮させることである。話し読むことの強化もさることながら、リスニングを主眼としている。

英語コミュニケーション

基本的な会話のテキストを使用し、日常の簡単な英会話ができることを目指す。また、視聴覚機器を用い、楽しく英語でコミュニケーションできる場としたい。昨今の保育現場は、様々な国から来た人々が集うものになっている。未だ日本語でのコミュニケーションが不得手な人々にとり、国際語である英語は、数少ない日本人との交流手段の一つである可能性が高い。そうした点も配慮し、保育の現場において有用であろうと考えられる題材や教材を用い、授業を進めていきたいと考える。

保育原理

保育の本質、保育の場、保育の原理等の保育全般について学ぶ。「子どもの発見」という歴史的な経緯を学び、保育が子どもの最善の利益をどのように保障しているかについて学ぶ。保育が実践の科学であり、常に子どもとの関わりの中で子どもの最善の利益を保障していくことを理解し、理論と実践の意義について学ぶ。その過程の中で保育者がどのように子どもを援助していくかについて学び、さらにその発展した形としての援助概念の普遍性についても理解していく。印刷教材においてそれぞれの項目ごとに到達度をはかるレポート課題を課す。

教育原理

教育とは何か、何を目指すのかを改めて考え直し、教育の目的や内容を理解する。この授業によって教育についての基本的な考え方を養うとともに、教師に必要な専門性の基礎を学ぶ。教育基本法の改正という事実から、何が変化し、何が変化していないのかについて具体的に学んでいく。定期的に現実の社会の動きを題材とするレポート課題を課し、教育が社会の情勢と連動して推移していることを理解する。

子どもの保健ⅠA

小児の健康の保健の保持増進と発達・発育、安全に関わる環境や関わりの重要性を認識し、保育実践における保育活動の重要性を理解し、その上で、現在社会における小児の心身の健康問題と養育環境や養育方法との関連を認識し、それらの問題を適切に判断し、対応できる能力を獲得することを目的とする。その際、人間形成に特に重要な乳幼児の発育、発達と社会との関係および主な病気とその対策について、小児保健指導、小児保健統計などの資料も使い理解する。定期的にレポート課題を課し、統計資料等のデータを活用してまとめることで理解を深める。

子どもの食と栄養

小児は成人と異なり、常に発育、成長している特長がある。新生児期、乳児期、幼児期、学童期、思春期などそれぞれの時期に食生活が不適切であると、心身ともに健やかな成長が阻害され、成人となった時期に障害が起こることにもなる。また、小児期は多くの感染症に罹患しやすい時期でもあり、入院治療中は発育、成長が遅れることもあるが、治療とともに追いつくことも可能な時期であることを理解する。また「心の健康」の問題が大きな関心事であり、さまざまな取り組みがなされている。本科目では「心の健康」について基礎的な内容を学び、「心の健康」をめぐる家族、地域、保育、学校の問題を考えていく。

家庭支援論

子どもの育っていく過程において、家族として子育てについて援助するという概念を学ぶ。その子育て支援がいかに大切であるか、またその子育て支援が家族・社会との関わりの中で重要であることから、家族、家庭生活、人間関係のあり方について学ぶ。普段われわれが使っている家族という概念がどのように歴史的に扱われてきたのか、近代になってどのように変化してきたかについて学び、生活の中での家庭、生活においての家族の意味、家族をとりまく社会的状況と支援体制、「子育て支援」としての家族対応など、家族のニーズに応じた対応を考える。定期的にレポート課題を課し、理解を深めていく。従って印刷教材には、レポート課題達成のための参考資料を配付する。

保育内容の指導法(健康Ⅰ)

乳幼児期の健康については、身体面、運動面、精神面の視点にたち、乳幼児の発達を意識しながら学んでいくことが必要である。まず、幼稚園教育要領および保育所保育指針の領域「健康」についての理解を深めるとともに、乳幼児の健康にとって、保育者のどのような配慮や援助が必要であるのかを考える。また、保育現場において欠くことのできない安全面の対応についても学習していく。保育実践においては、保育における乳幼児の生理・構造・運動能力を理解し、健康の習慣を身につけさせ、健康管理、安全指導、救急処置について保育上大切な事を学ぶ。レポート課題では、保育の基本である保育所保育指針、幼稚園教育要領が保育の上でどのように配慮されているかを重視し、科目の総合的理解を目的とする。

保育内容の指導法(人間関係Ⅰ)

今を生きる子どもの姿が現実的に伝わるように、子ども、保育、保育者の事例を豊富に挿入し、事例を見ながら、子どもや保育者の生き生きとした姿や保育実践を学ぶ。また、人間関係に関わる知識を深め、応用し、幼児とかかわる技術や方法などを具体的事例をもとに考察し、子どもの心身の発達とともに変化してゆく人間関係の広がりを保育士として支えるために、保育者自身がコミュニケーションの大切さを学ぶ。定期的にレポート課題を課す。レポート課題においては最新の事例を積極的に取り入れ現在の社会の動きと保育の流れの相関理解を目的とする。

保育内容の指導法(環境Ⅰ)

子どもと環境とのかかわりや子どもの育ちの理解、保育の環境の具体的なデザインの方法、保育者の柔軟で適切な援助のあり方について、基礎的な理論と指導方法を学習し、保育者としての実践力を育成することを目的とする。幼稚園教育要領、保育所保育指針の領域環境がどのような概念によって形成されているかについて理解を深めるとともに、子どもをとりまく様々な環境を、子どもの活動・発見・考察という視点から捉え、保育者としての適切な援助ができるよう、理解を深めていく。

保育内容の指導法(言葉Ⅰ)

本科目は保育内容の領域「言葉」について学習する。幼稚園教育要領、保育所保育指針の内容の理解を深めることを目的とし、乳幼児期から児童期までの言語発達の過程を概観し、認知や知能との関係、言語に関わる臨床的な問題、最近の脳研究などもみていく。その上で、子どもの人格形成にとって重要な表現能力について、造形・言語・色彩など様々な創作領域の中で効果的な指導方法について理解を深める。

保育内容の指導法(表現Ⅰ)

幼児の遊びを見ると、音楽的な活動、絵を描く活動、ものを作る活動など、それらは分断されず自然な形で混沌と入り混じって現れる。領域「表現」では、このような幼児の実態を踏まえて心情や意欲をくみ取り援助する保育を実践することが大事である。幼児のありのままの表現、内心の要求を理解するために、幼児は表現することによって何を経験するのか、幼児の表現を育てる保育とは何かを学習する。

幼児教育課程論

幼稚園、保育所においては、入園から修了までを見通し、乳幼児とともにどのような園生活を作り出していくかという保育の全体計画としての教育課程、保育課程の作成は、保育の質にかかわる重要な課題である。本講座においては、環境を通して行う教育を基本とする教育課程、保育課程の意義と役割を明らかにするとともに、編成における留意事項の解説を通して、乳幼児の充実した園生活を作り出すために必要なその全体計画について学習する

学校保健Ⅰ

学齢期の子どもを対象とした学校保健の意義および領域構造、関連法規等を理解する。学校や福祉施設など、集団の場での健康管理や健康教育の重要性を学ぶ。

教育相談

家庭の育児力が低下している現状では、保育士に期待されるものが多くあります。保育者には子ども一人ひとりの発達や家庭の状況に応じた教育相談的な対応が求められます。また、家庭、地域社会、各種相談機関等と連携して子どもを共同で育てていくことも大切です。教育相談の基礎となるカウンセリングを学びさらに事例を通してより具体的な教育相談のあり方を学んでいく。

音楽概論

「音楽概論」は音楽を幅広い視点から学ぶことを目標としていますが、特に音符や楽譜の仕組みから音階、和音、そしてオーケストラなどで使われている種々な楽器の説明、音楽史にいたるまで記載されていますので、今まで音楽という分野にあまり縁がなかった方々にも興味をもって学んでいただく事が出来ると思います。楽譜を見て旋律をイメージ出来る、あるいはピアノを弾く事が出来るように、多くの知識を身につけていただくことがこの教科の主なねらいです。

教職論

いかなる時代においても、教育は子どもと教師の心と心のふれ合いにあり、教師の教育観や資質能力が大きく影響してる。このことを前提として、本科目では次の内容を学ぶ。教師の教育観と教職観、教職の意義と役割、教師の資質能力、教員免許制度、教師の養成教育、教育実習と介護等体験、教員採用と研修、教師の職務、教員評価等である。レポート課題として、上記の内容に関する教育に携わろうとする者としての基本的な在り方について出題するが、このことが理論から実践へとつながることを期待している。

教育行政学

教育行政の制度を理論的、体系的に理解し、国際化、情報化、地方分権化のすすむなかでの教育行政のあり方を展望する。また、教育現場での行為が、社会的な制度の枠の中で運営されていることを理解し、教育法規、教育行政、教育制度の変遷、教育課程の制度等を学ぶ。そして、子どもたちの前で教育実践に取り組む姿勢を自信に満ちた確固たるものにする。二つのレポート課題を課し、課題内容は、現実の教育の姿に対応して作成されており、現在の教育の諸問題へ実践的対応を問うものである。

教育の方法と技術

この科目では、保育現場における教育活動を研究・開発する際に必要となる基礎的な知識や考え方の習得を目指す。幼稚園教諭・保育士という専門職には、自己の教育技術、方法を常に見つめ直し、研究・研修に取り組み、また同僚などとの研鑽も求められる。

精神保健

最近の保育の現場では、子、親、そして保育者の「心の健康」の問題が大きな関心事であり、さまざまな取り組みがなされている。本科目では、「心の健康」について基礎的な内容を学び、「心の健康」をめぐる家族、地域、教育の問題について考えていく。また、精神保健に関する歴史を振り返りつつ、諸概念を学んでいく。ライフステージにおける胎児期、新生児期、乳児期、幼児期、児童期と順をおってその問題性がどのように変化していくかについても考察する。レポート課題は歴史的経緯についても考察し、現代の保育の諸問題における精神保健の位置づけ等、その経緯と問題点を理解する。

生活

良き生活者としての新しい知識、情報、技術があらゆる生活基盤に必要である。その生活圏は、幼稚園、保育園、学校、家庭、地域社会、自然である。生活の中でこども達が、豊かな関わりを具体的活動および体験を通して、人との関わり、社会および自然と関わることにより、自分自身の生活上の習慣・技術を身につける。保育者は、保護者との信頼関係の基、そのこども達の成長を支援できるよう、豊かな知識・技術を習得する。

国語

この講義では具体的な指導方法ではなく、就学前に身につけさせておくべき言語獲得に必要な基礎的な事項について学びます。そのために子どもの言語発達の過程や日本語の構造についても学びます。