こども教育学科 通信教育課程
先輩の声

保育の現場で役立つ
実践的な学習をしています。

正科生 武藤 理恵子さん

こどもの小学校で参加した「読み聞かせボランティア」をきっかけに、絵本講師の資格を取得。幼稚園などでの読み聞かせ活動の中で、こどもの発育について正しい知識を得る必要を感じて入学。現在はこども園で保育補助として働きながら、勉強の日々を送る。

通信教育課程のスクーリングやキャンパスライフはいかがですか?
実際に学んでみた感想を教えてください。

スクーリングは先生方の熱意あるご指導のもと、最小限の時間で最大限の学習成果を得ることができます。実践的な内容が多く、こども園での仕事でも役立っています。また、年齢層が幅広く、さまざまなバックグラウンドを持ったナカマたちの出会いはかけがえのないものです。みんなの努力する姿は刺激になり、学習を続ける力になってます。

効率的な学習をするために実行していることは?
勉強する上での工夫や心がけを教えてください。

年間の学習計画を立て、月単位から週単位へと割り振り、効率のよい学習を心がけています。家事のすき間で勉強しているため、まとまった時間が取れず計画通りにいかないときは、こまめに見直し、学習目標が達成できるようにしています。家族に励まされながらダイニングで課題に取り組むこともあります。サポートしてくれる家族のためにも、今後もしっかりと学び、こどもの心に寄り添える保育者をめざします。

初志貫徹。
努力は必ず報われます。

正科生 鄭 敬愛さん

幼稚園実習では、こどもたちとの触れ合いや行事を経験することで、実践に活かせる多くの学びを得ることができました。初心を忘れず、無理なく自分のペースで学習を進めていけば、必ず目標は達成でき、自信となります。